左手の指先

アクセスカウンタ

zoom RSS 2歳馬2頭は前途多難

<<   作成日時 : 2014/11/23 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週は15日の土曜日に、ゲート再試験を突破したクレオールがそのままレースに挑んでくれましたが、初戦よりは出たものの、二の足が付かずに後方から。
前残りの競馬ではどうにもならず、まくる脚も無いので直線やや脚を伸ばしただけで終了となってしまいました。

パドックの気配は良いように思えたのですが〜。

上がりは一応3位だったようですが、もう少し伸びて欲しかったというのが正直なところ。
元々瞬発力は無いとのことですので、スタート決められるようにならないと(でもって二の足がつくようにならないと)勝利は難しそうです。

続いて、昨日22日土曜日は、期待のイッツマインがダートの未勝利戦に出走。
一頭強いのがいましたが、ダートに替わって一変、8馬身くらい千切っちゃって「ダート界に新生誕生!」

なんて見出しを期待しましたが…。

スタートは良かったものの、最初のコーナーに差し掛かった辺りで早くも終了。
なんと言いましょうか、コーナーに入るのをそもそも嫌がったような感じで走りがバタバタになり、膨れるわ、砂をかけられて首を振るわで下がる一方。

全くレースになっておりませんでした。

そういえば初戦の右回りでもレースになっておりませんでしたが、それ以上の酷さで、全く見所の無いレースとなってしまいました。

まあ、あれだけ砂をかけられれば嫌がる気持ちも分からなくもありませんが…。
砂に慣れて左回りで一変…も難しいでしょうか。


か〜〜〜〜な〜〜〜〜り、勝ち上がりは厳しいかな、というのが正直なところです。
グレンガイル君も未勝利最終戦で一変したので、諦めずに応援しようとは思いますが…。
続戦あるようなので、中京でどうかですね〜。


ダメなら新潟直千を待つしかありませんな。はっはっは。


クレオールと同じく、パドックでは騎手が乗るまでは良い気配に見えたのですが(イッツマインはグリーンチャンネルでも一番手評価でしたし)、馬体はいいと思うのですが、分からんもんですな〜。

2頭とも馬体は良く見えるのに、2頭とも気持ちの問題でからっきしとなると、育成牧場で何をしてきたのかと恨み言の一つも言いたくなりますが、これも競馬。


2頭とも同じように一本調子で(スタートの上手さは段違いですが)、2頭とも気持ちが競馬に向いていなくてもいいと思うのですが、これは見る目が無かったということで。


こういうのも血統が関係したりするんですかね〜。
今までは馬体の好みだけで選んできておりましたので、来年に向けて血統の勉強でもしますかの〜。


トホホ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2歳馬2頭は前途多難 左手の指先/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる